FC2ブログ

寺社建築文化財の探訪<TIAS>

寺社建築の起源と変遷、文化財の諸問題を探訪しています。 又文化財拝観資料も記載しています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

日本建築の起源について調査しました。

3 古代建築の探訪

 

 

3

 古代建築の探訪    竪穴式住居から掘立柱建築への遺構を探訪

 

● 日本建築史では京都・奈良の寺社建築が調査研究が始まりです。

現存している文化財が対象で、それ以前の建築は対象外でした。

昭和に入り登呂遺跡の竪穴式住居から始まり、最近の三内丸山遺跡の復元建物を検討

する際に建築史家が登場するのです。それまでも、今も、考古学の範疇です。

 

● 氷河時代終末期の後期旧石器時代(30,000年〜12,000年前)には気候の温暖化が進

み、人々が平地に進出して定住生活を始める時期です。後期石器時代の平地住居は、

石器・石器片が直径2〜5mに集中分布する範囲を平地住居跡とみなし、木材を円錐

形に組み、獣皮等で覆うテント式構造の伏屋式平地住居が検出された時期です。

 

● 全国の遺跡発掘調査が推進され、新しい発見も次々と報道されています。

遺跡の調査研究は考古学者が専門のようですが、その遺跡の建物復元は建築史家が専

門です。考古学者は、証拠に立脚した確証主義で、建築史家は、創造に立脚したフィ

クション作家!のようです。 

そして、復原建物は、建築史家、行政、文化庁のバトルで、観光営利が目的の行政の

勝ち?というのが・・・・・現状のようです。

● 次は、旧石器時代の竪穴式住居を探訪します。

 

古代建築の探訪

竪穴式住居から掘立柱建築への遺構を探訪

3-1

旧石器時代の竪穴式住居

竪穴式住居が壁と屋根を持つ人類初の建築

3-2

縄文時代の掘立柱の遺構

 

3-3

弥生時代の棟持柱の遺構

 

3-4

古代建築史の問題点




カテゴリ
プロフィール

masatias

Author:masatias
30年続く寺社めぐりのメンバーです
<TIAS>グループ名称
Improvement of a spirit boundary
by Temple and shrine =<TIAS>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
ブロとも申請フォーム